読み込み中

2023年 の一覧

 

光悦茶碗研究の第一人者 三輪正知氏 東洋のダ・ヴ・・・

令和5年(2023年)10月27日 金曜日 地元の情報新聞「すぽっと山陰」の一面に以下の内容で紹介されました。 光悦茶碗研究の第一人者 三輪正知氏 東洋のダ・ヴィンチと称された世界に誇れる本阿弥光悦が尊んだ「蓮華」は「ブッダ」(覚者)と「神」の象徴であった!! 光悦茶碗研...

続きを見る

 

光悦茶碗研究の第一人者 三輪正知氏 更なる一石を・・・

令和5年(2023年)10月13日 金曜日 地元の情報新聞「すぽっと山陰」の一面に以下の内容で紹介されました。 光悦茶碗研究の第一人者 三輪正知氏 更なる一石を投じ「井戸茶碗」の謎に迫る‼  茶人が好む和物茶碗の順位を表す言葉として『一樂二萩三唐津』という慣...

続きを見る

 

萩焼420年の歴史に衝撃の新説!!  ~今ここに・・・

令和5年(2023年)9月22日 金曜日 地元の情報新聞「すぽっと山陰」の一面に以下の内容で紹介されました。 萩焼420年の歴史に衝撃の新説!!   ~今ここに通説が覆る!!~  萩焼の開祖李勺光・李敬は本当はどこからやって来たのだろうか? 萩焼の通説では、豊臣秀吉の唐入...

続きを見る

 

一生に一度は東洋のレオナルド・ダ・ヴィンチ 本阿・・・

一生に一度は東洋のレオナルド・ダ・ヴィンチ 本阿弥光悦の世界に触れる「萩色の旅」を!! 芸術は長く、人生は短し、ブッダ(覚者)の生命(いのち)は永遠なり!! おかげさまで光悦茶碗特別鑑賞会〔予約制〕は13年目を迎えることが出来ました。 光悦茶碗とはブッダ(覚者)の永遠の生...

続きを見る

 

芸術は長く、人生は短し、ブッダ(覚者)の生命(い・・・

芸術は長く、人生は短し、ブッダ(覚者)の生命(いのち)は永遠なり!! おかげさまで光悦茶碗特別鑑賞会〔予約制〕は13年目を迎えることが出来ました。 光悦茶碗とはブッダ(覚者)の永遠の生命(いのち)を覚知するためのもの!! 萩の光、東洋のレオナルド・ダ・ヴィンチ 本阿弥光悦...

続きを見る

 

将来、当家所蔵の光悦茶碗は世界三大美術館(ロシア・・・

将来、当家所蔵の光悦茶碗は世界三大美術館(ロシアエルミタージュ美術館・アメリカメトロポリタン美術館・フランスルーヴル美術館)を通して世界中の方々に観て頂きたく寄贈したいと考えています!! おかげさまで光悦茶碗特別鑑賞会〔予約制〕は13年目を迎えることが出来ました。 光悦茶...

続きを見る

 

13代三輪休雪(和彦)先生 代表作 「エル・キャ・・・

13代三輪休雪(和彦)先生 代表作 「エル・キャピタン」、「淵淵」、「寧」に、2023年、「福」が加わりました!! 13代三輪休雪(和彦)先生の代表作のお茶碗は萩焼専門店発祥の地 おちゃわんや 三輪清雅堂で御覧いただけます。 13代三輪休雪(和彦)先生 「福」

続きを見る

 

我が師と光悦茶碗との出会いによって自らの進むべき・・・

インド・ガンジス川にて 私は二十五歳の時、自らの進むべき道が分からぬままインドの旅に出て世界最古の仏教大学の一つ・ナーランダ大学遺跡を訪ね、ゴータマ・ブッダが妙法蓮華経を説いたとされる聖地・インド霊鷲山に赴きました。帰国後、我が師と光悦茶碗との出会いによって自らの進むべき...

続きを見る

 

一萩(井戸)二樂三唐津 萩焼井戸形茶碗の第一人者・・・

一萩(井戸)二樂三唐津 萩焼井戸形茶碗の第一人者 波多野善蔵先生!! 今ここに来て再び天下人・秀吉が愛した枇杷色釉調の井戸茶碗に注目が集まっている。 井戸茶碗はなぜ武将に愛され、「井戸」と呼ばれていたのか。 萩に来れば高麗焼井戸茶碗と萩焼開窯との関係を紐解けばその謎が明ら...

続きを見る

 

2023年(令和5年)5月19日(金曜日)「KO・・・

2023年(令和5年)5月19日(金曜日)、「KOETSU─CODE 光悦茶碗謎解明」を執筆、自費出版したことが、はぎ時事新聞に掲載されました!! 今まで協力してくださった方々に感謝申し上げます。 ありがとうございました。   光悦研究を総括 三輪氏が自費出版 ...

続きを見る