読み込み中

最新の記事一覧

 

萩色の旅~萩に来て萩の風を感じてみませんか?吉田・・・

萩色の旅~萩に来て萩の風を感じてみませんか?吉田松陰先生が死の間際に「矩之」と改名したのは何故か~天皇を守護する「近衛騎兵」「近衛歩兵」を先祖に持つ三輪正知氏がその謎を解明し新説を発表!!令和6年(2024)5月31日(金)地元情報新聞「スポット山陰」一面で紹介されました...

続きを見る

 

萩色の旅~萩に来て萩の風を感じてみませんか?萩に・・・

萩色の旅~萩に来て萩の風を感じてみませんか?萩に来られ松陰先生を訪ねると“今の世を救わんとするもう一人の自分”に出会えるかもしれません。高杉晋作の師・吉田松陰先生がこの敷島の大和の国(日本国)の為に、心を砕かれた大和魂を萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂にて特別公開中(予約制...

続きを見る

 

萩色の旅~萩に来て萩の風を感じてみませんか?尊皇・・・

萩色の旅~萩に来て萩の風を感じてみませんか?尊皇攘夷を説く月性に傾倒した松陰先生は「狂の精神」(一番大事なことは自分の信じる道を進みなさい)を弟子たちに説きます。松陰先生が月性に宛てた手紙を特別公開中。松陰先生がこの敷島の大和の国(日本国)の為に、心を砕かれた大和魂も萩焼...

続きを見る

 

萩色の旅~萩に来て萩の風を感じてみませんか?我が・・・

萩色の旅~萩に来て萩の風を感じてみませんか?我が師が尊敬する松陰先生と勤王僧・月性。このたび松陰先生が月性に宛てたとみられる手紙を特別公開中。合わせて松陰先生がこの敷島の大和の国(日本国)の為に、心を砕かれた大和魂を萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂にて好評公開中(予約制・期...

続きを見る

 

萩色の旅~萩に来て萩の風を感じてみませんか?“松・・・

萩色の旅~萩に来て萩の風を感じてみませんか?“松陰先生の弟子”と言われる我が師の大勢のお弟子の方々が挨拶に来てくださいました。早速、高杉晋作の萩茶碗で一服おもてなし。いつも「三輪さんのためだったら何でもします」とおつしゃってくださることに感謝。晋作の師・吉田松陰先生がこの...

続きを見る

 

萩色の旅~萩に来て萩の風を感じてみませんか? 萩・・・

萩色の旅~萩に来て萩の風を感じてみませんか?  萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂にて 波多野善蔵先生と榊莫山先生の合作萩茶碗一服鑑賞会好評開催中〔期間無期限。予約制・無料〕!! 萩 武家屋敷 波多野善蔵先生 波多野善蔵先生 萩茶碗 榊莫山先生筆 「萩」 「風」 波多野善蔵先...

続きを見る

 

萩色の旅~萩に来て萩の風を感じてみませんか?今年・・・

萩色の旅~萩に来て萩の風を感じてみませんか?今年は“今の世を救わんとする方々”が萩を訪れ、萩から日本そして世界が動き出す予感がいたします。高杉晋作の師・吉田松陰先生がこの敷島の大和の国(日本国)の為に、心を砕かれた大和魂を萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂にて特別公開中(予約...

続きを見る

 

萩色の旅~萩に来て萩の風を感じてみませんか?「一・・・

萩色の旅~萩に来て萩の風を感じてみませんか?「一萩(井戸)二樂三唐津」 萩焼井戸形茶碗の第一人者 波多野善蔵先生。今ここに来て再び天下人・秀吉が愛した枇杷色釉調の井戸茶碗に注目が集まっている。井戸茶碗はなぜ武将に愛され、「井戸」と呼ばれていたのか?萩に来れば高麗焼井戸茶碗...

続きを見る

 

萩色の旅~萩に来て萩の風を感じてみませんか?近年・・・

萩色の旅~萩に来て萩の風を感じてみませんか?近年になって、萩焼一流陶芸家の間でも「一萩二樂三唐津」と言われる方が増えている。なぜ萩焼の産地が一萩?その昔、天下人・豊臣秀吉が愛した枇杷色井戸茶碗(大内氏の時代)と光悦茶碗(毛利氏の時代)が長門国で焼かれた可能性が高いからであ...

続きを見る

 

萩色の旅~萩に来て萩の風を感じてみませんか?山口・・・

萩色の旅~萩に来て萩の風を感じてみませんか?山口県萩から衝撃の新説を発表。光悦作 国宝・振袖茶碗 銘「不二山」は樂焼ではなく萩の窯で焼かれた可能性が高いことが明らかに~婦人画報で紹介されました光悦茶碗特別鑑賞会は萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂にて好評開催中〔期間無期限・予...

続きを見る