萩焼茶碗特別鑑賞会 の一覧

  New

明治維新150年「猛虎」吉田松陰先生の萩焼茶碗が・・・

明治維新150年「猛虎」吉田松陰先生の萩焼茶碗が萩で発見!!⑤ 松陰先生の没後 松下村塾の双璧と称された高杉晋作と久坂玄瑞は、細谷村にあるの高山彦九郎(高山家)の墓を訪れています。 きっと、高杉晋作と久坂玄瑞は、松下村塾で高山彦九郎を讃えた松陰先生遺愛の萩焼茶碗で抹茶を一...

続きを見る

  New

明治維新150年「猛虎」吉田松陰先生の萩焼茶碗が・・・

明治維新150年「猛虎」吉田松陰先生の萩焼茶碗が萩で発見!!④ 嘉永3年 九州遊学時に松陰先生は、萩のおみやげとして萩窯所の萩茶碗を平戸の葉山佐内先生に持参しております。 松陰先生や高杉晋作は、武士の嗜みとして一服の抹茶を味わい、日本の未来を考えながら世界を見据えておりま...

続きを見る

 

明治維新150年「猛虎」吉田松陰先生の萩焼茶碗が・・・

明治維新150年「猛虎」吉田松陰先生の萩焼茶碗が萩で発見!!③ 若き松陰先生 嘉永4年5月「高山彦九郎伝」について記す。 兄の梅太郎宛に送った松陰先生の書状には 「高山彦九郎伝」を読み、彦九郎こそ武士の鑑であり、萩藩の義勇ある藩士たちが「高山彦九郎伝」を読めば必ず感激する...

続きを見る

 

明治維新150年「猛虎」吉田松陰先生の萩焼茶碗が・・・

明治維新150年「猛虎」吉田松陰先生の萩焼茶碗が萩で発見!!② 吉田松陰先生が最も敬慕した人物は尊皇思想の先駆者 高山彦九郎先生〔戒名「松陰似白居士」〕でした。 松陰先生は、彦九郎先生の志を受け継ぐ決意表明として、雅号を「松陰」にしたと考えられています。 こちらの萩焼茶碗...

続きを見る

 

明治維新150年「猛虎」吉田松陰先生の萩焼茶碗が・・・

明治維新150年「猛虎」吉田松陰先生の萩焼茶碗が萩で発見!!① 若き日の松陰先生が京都御所を拝して 天皇崇拝の念で詠んだ有名な詩に「山河襟帯の詩」があります。その詩には松陰先生が二十一回藤寅手録と書いています。この世で虎の如く勇猛な行いを二十一回行うくらいの高い志を持つと...

続きを見る

 

三輪窯 2人の萩焼人間国宝が作陶した萩茶碗と書で・・・

萩茶碗「不老仙」〔11代三輪休雪先生造〕 掛け軸「不老仙」〔10代三輪休雪(休和)先生筆〕 三輪窯 2人の萩焼人間国宝が作陶した萩茶碗と書でおもてなし 萩焼人間国宝・三輪休雪(三輪壽雪)先生の優作萩茶碗「不老仙」で一服してみませんか。 〔予約制〕 萩焼専門店発祥の地 三輪...

続きを見る

 

国宝級の萩焼茶碗!! 萩光悦研究家 三輪正知の主・・・

世界に誇れる「萩光悦」を観ずして、萩焼芸術を語ることはできない。 萩光悦研究家 三輪正知の主観による悦茶碗特別鑑賞会 萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂にて好評開催中です。〔予約制〕 ※「萩光悦」とは、江戸時代初期の芸術家・本阿弥光悦が作陶したとみられる萩焼の事です。

続きを見る

 

吉田松陰研究家の主観による松陰遺愛の萩焼茶碗 特・・・

萩焼の魅力が存分に楽しめる「極上の萩」 明治維新150周年特別企画 萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂で、吉田松陰研究家の主観による松陰遺愛の萩焼茶碗 特別鑑賞会 好評開催中です。 松陰遺愛の萩焼茶碗で一服してみませんか。〔予約制〕

続きを見る

 

萩焼人間国宝 11代三輪休雪(壽雪)先生 萩茶碗・・・

萩焼の魅力が存分に楽しめる「極上の萩」 萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂で、萩焼人間国宝 11代三輪休雪(壽雪)先生 萩茶碗「不老仙」 特別鑑賞会 好評開催中です。 不老長寿を願って不老仙茶碗で一服してみませんか。〔予約制〕  

続きを見る

 

東洋ルネサンス~日本が世界に誇れる芸術 光悦茶碗・・・

            萩光悦三碗 東洋のレオナルド・ダ・ヴィンチ、本阿弥光悦。近年、その光悦と萩藩の関係を示す史料が判明し、光悦が萩焼作りに関わっていた可能性が高まってまいりました。さて、わたくし三輪正知は、光悦茶碗に込められた法華経の精神という独自の観点から研究に取り...

続きを見る