最新の記事一覧

 

小萩人形について♪

小萩人形について♪   職を失くした武士の妻の心中を託して小さな人形が作られたものが小萩人形と言われています。 萩焼一流陶芸家の優作茶碗が萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂に集結!! 皆様の御来店をお待ちしております。   大好評♪あの憧れの萩焼名門窯 萩...

続きを見る

 

神様のご加護がいただけるように萩の厳島神社で特別・・・

神様のご加護がいただけるように萩の厳島神社で特別祈願!   萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂は新たな萩焼茶碗芸術発展の願いを込めて萩の厳島神社で特別祈願! 萩の厳島神社は、毛利元就が信仰していた安芸の厳島明神を萩藩2代藩主毛利綱広が勧請して分岐した事に始まります。...

続きを見る

 

春の訪れを告げる萩の白魚漁!

春の訪れを告げる萩の白魚漁!   三月になると萩の松本川では春の訪れを告げる白魚(しろうお)漁を観ることができます♪ カモメなどの鳥達も一緒になって漁の様子を眺めています。 春の訪れを感じることが出来るこの時期に萩の町をぶらりと散策してみませんか。 大好評♪あの...

続きを見る

 

萩の厳島神社と明神池♪

萩の厳島神社と明神池♪   萩の厳島神社は、毛利元就が信仰していた安芸の厳島明神を萩藩2代藩主毛利綱広が勧請して分岐した事に始まります。 日本海と繋がる明神池には漁師さんが漁業の神社として漁の安全と豊漁を祈願して奉納した魚が繁殖し元気に泳いでおります。 池には弁...

続きを見る

 

「感格鬼神」(かんはきじんにいたる)!今朝、萩焼・・・

「感格鬼神」(かんはきじんにいたる)!今朝、萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂の店内は沈丁花の高貴な香りで満たされていました♪   沈丁花(じんちょうげ)は有名な三大香木のひとつで室町時代より前に中国から日本に渡来したと言われております。 沈丁花の高貴な香りはお釈迦...

続きを見る

 

ノーベル医学生理学賞を受賞された本庶先生に県民栄・・・

ノーベル医学生理学賞を受賞された本庶先生に県民栄誉賞授与!おめでとうございます♪   山口県の村岡知事から表彰状と記念品として三輪和彦先生の萩焼茶碗「エル・キャピタン」を授与。本庶佑(ほんじょたすく)先生は「エル・キャピタン」に触れられ「すばらしい」とおっしゃっ...

続きを見る

 

萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂の庭に清らかな白き・・・

萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂の庭に清らかな白き花が咲きました!   花は散っても花の生命は元来永遠なるものなり♪ 「光悦」と「白隠」が「法華経」の教えを尊んで表現した萩焼茶碗と書!!  その昔、お釈迦様がお説きになられた「法華経」 お釈迦様は末法の世(現在)に...

続きを見る

 

萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂は光悦茶碗特別鑑賞・・・

萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂は光悦茶碗特別鑑賞会を始めてからもうすぐ10年目を迎えます!   光悦の崇高な芸術作品は以前から高く評価され、近代の光悦研究家からも「日本のダ・ヴィンチ」と称される程です。 萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂では「東洋のダ・ヴィンチ」の...

続きを見る

 

明治維新後に松陰門下生の1人だった品川弥二郎の采・・・

明治維新後に松陰門下生の1人だった品川弥二郎の采配によって萩城は解体されました!   指月山と一緒に今も静かに眠るように佇んでいます。 萩城跡 今も静かに佇む萩城跡 品川弥二郎筆「吉田松陰先生之語」 「死而後已四字 言簡而義廣 堅忍果決 確乎不可抜者 舎是無術也...

続きを見る

 

萩藩主毛利敬親ゆかりの茶室〔自在庵〕

萩藩主毛利敬親ゆかりの茶室〔自在庵〕   花江茶亭は自在庵とも言われ藩主の別邸にあった茶室を品川弥二郎の手によって移築されました! 当時、藩主であった毛利敬親は身分を問わず若き尊攘の志士達を茶室自在庵に招いて国事を画策していたと言われています。 毛利敬親の遺徳を...

続きを見る