最新の記事一覧

 

明治維新150年「猛虎」吉田松陰先生の萩焼茶碗が・・・

明治維新150年「猛虎」吉田松陰先生の萩焼茶碗が萩で発見!!② 吉田松陰先生が最も敬慕した人物は尊皇思想の先駆者 高山彦九郎先生〔戒名「松陰似白居士」〕でした。 松陰先生は、彦九郎先生の志を受け継ぐ決意表明として、雅号を「松陰」にしたと考えられています。 こちらの萩焼茶碗...

続きを見る

 

明治維新150年「猛虎」吉田松陰先生の萩焼茶碗が・・・

明治維新150年「猛虎」吉田松陰先生の萩焼茶碗が萩で発見!!① 若き日の松陰先生が京都御所を拝して 天皇崇拝の念で詠んだ有名な詩に「山河襟帯の詩」があります。その詩には松陰先生が二十一回藤寅手録と書いています。この世で虎の如く勇猛な行いを二十一回行うくらいの高い志を持つと...

続きを見る

 

萩の玄関口 萩石見空港内には、萩焼専門店発祥の地・・・

萩の玄関口 萩石見空港内には、萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂のポスターが掲載されています。 萩焼人間国宝11代三輪休雪(壽雪)先生 鬼萩茶碗特別鑑賞会好評開催中〔予約制〕〔無料〕 御参加のお客様には、鑑賞会後、鬼萩茶碗で一服差し上げます。 東京方面や大阪方面から萩へお越し...

続きを見る

 

世界に誇れる萩焼芸術~日本陶芸史上最も崇高な『萩・・・

世界に誇れる萩焼芸術~日本陶芸史上最も崇高な『萩光悦』誕生の歴史 【3】日本陶芸史上最も崇高な萩茶碗『萩光悦』 世界の思想・哲学がガンダーラに集結した時に、仏教と弥勒信仰とが同等に広まり中国、韓国、日本へと伝わることによって、日本が世界に誇れる芸術が誕生しました。その東洋...

続きを見る

 

世界に誇れる萩焼芸術~日本陶芸史上最も崇高な『萩・・・

世界に誇れる萩焼芸術~日本陶芸史上最も崇高な『萩光悦』誕生の歴史 【2】焼物技術の導入 日本では中国陶磁器に憧れを持ち渡中して焼物を学ぶ者が現れ、国内でも釉薬を用いた焼物が焼かれ始めます。これにより日本の焼物が無釉から有釉へと進化を加速していきます。中国が明時代、韓国が李...

続きを見る

 

世界に誇れる萩焼芸術~日本陶芸史上最も崇高な『萩・・・

世界に誇れる萩焼芸術~日本陶芸史上最も崇高な『萩光悦』誕生の歴史 【1】喫茶の風習 中国(唐時代)では喫茶の流行により焼物も盛んに作られていきました。中国における喫茶の風習は健康維持の仙薬・長寿の妙術としての効果、また覚醒作用による精神の安定をねらってのものでした。そんな...

続きを見る

 

世界に誇れる萩焼芸術~日本陶芸史上最も崇高な『萩・・・

世界に誇れる萩焼芸術~日本陶芸史上最も崇高な『萩光悦』誕生の歴史 世界の思想・哲学との融合 世界の思想・哲学がガンダーラに集結した時、茶の湯に関係の深い仏教と弥勒信仰とが同等に広まります。その二教はシルクロードを通り中国の道教や儒教と共に朝鮮半島を経由し日本(上流階級、僧...

続きを見る

 

『伊賀光悦』でおもてなし!!萩焼専門店発祥の地 ・・・

『伊賀光悦』でおもてなし!!萩焼専門店発祥の地  三輪清雅堂で好評開催中 近代の光悦茶碗研究では、光悦楽焼茶碗の他に、「瀬戸光悦」「膳所光悦」「伊賀光悦」「萩光悦」などと呼ばれる光悦茶碗が存在するとされています。 平安時代、「伊賀焼」は神様へ奉納した記録があります。 こち...

続きを見る

 

三輪窯 2人の萩焼人間国宝が作陶した萩茶碗と書で・・・

萩茶碗「不老仙」〔11代三輪休雪先生造〕 掛け軸「不老仙」〔10代三輪休雪(休和)先生筆〕 三輪窯 2人の萩焼人間国宝が作陶した萩茶碗と書でおもてなし 萩焼人間国宝・三輪休雪(三輪壽雪)先生の優作萩茶碗「不老仙」で一服してみませんか。 〔予約制〕 萩焼専門店発祥の地 三輪...

続きを見る

 

国宝級の萩焼茶碗!! 萩光悦研究家 三輪正知の主・・・

世界に誇れる「萩光悦」を観ずして、萩焼芸術を語ることはできない。 萩光悦研究家 三輪正知の主観による悦茶碗特別鑑賞会 萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂にて好評開催中です。〔予約制〕 ※「萩光悦」とは、江戸時代初期の芸術家・本阿弥光悦が作陶したとみられる萩焼の事です。

続きを見る