読み込み中

最新の記事一覧

 

「博物館、美術館級の萩焼茶碗」を「観るだけ」から・・・

「博物館、美術館級の萩焼茶碗」を「観るだけ」から「観て触れて一服」する鑑賞会へ!!   萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂「第一級のコレクション」を公開中。〔予約制〕 「博物館、美術館級の萩焼茶碗」を「観るだけ」から「観て触れて一服」する鑑賞会へ!! ①お宝総額10...

続きを見る

 

明治維新150年 木戸孝允が描いたとみられる蓮根・・・

明治維新150年 木戸孝允が描いたとみられる蓮根画の「萩焼酒盃」発見!!   萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂で国内初公開!! 幕末維新研究の第一人者 「霊山歴史館」副館長の木村幸比古先生は、蓮根画の萩焼酒盃について、「欧州歴訪から帰国して以降、参議を辞して時間に...

続きを見る

 

「萩色の旅」お宝総額1000万円 美術館級「萩焼・・・

「萩色の旅」 お宝総額1000万円 美術館級の「萩焼茶碗」を手で触れて一服する鑑賞会!!   萩の観光とは、萩の光を観ること 萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂では、お宝総額1000万円 世界に誇れる萩焼芸術、あの憧れの萩焼人間国宝11代三輪休雪先生、12代三輪休雪...

続きを見る

 

幕末維新研究の第一人者 木村幸比古先生著「吉田松・・・

幕末維新研究の第一人者 木村幸比古先生著「吉田松陰の実学」と「萩焼茶碗」について   「吉田松陰の実学」には、吉田松陰先生と「萩焼茶碗」に関する内容が書かれています。 ①杉家の茶文化 ②久子が亡き松陰を偲んで作った茶碗 ③寛政の奇人・高山彦九郎への敬慕 吉田松陰...

続きを見る

 

萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂 三輪正知の「志」・・・

萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂 三輪正知の「志」・「事業理念」・「事業目標」   「志」 抹茶を茶碗で一服する本質的な意味を伝えつつ日本文化を継承していく事が私の志です。 「事業理念」 「一服の抹茶文化」を通して生かされている喜びを実感して頂く事で社会に貢献しま...

続きを見る

 

「萩色の旅(萩観光おすすめコース)を御案内する三・・・

「萩色の旅」(萩観光おすすめコース)を御案内する三輪正知のこれまでの活動状況 平成17年 松陰研究家として坂本龍馬の萩焼茶碗を調査し高知・毎日新聞に掲載。 平成20年 萩光悦研究家として共同通信から取材を受け全国紙に掲載。 平成20年 東京の季刊誌「KANON」に萩焼研究...

続きを見る

 

「萩色の旅」萩観光おすすめコース 個人、団体向け・・・

「萩色の旅」萩観光おすすめコース 個人、団体向けに松陰先生も愛した萩焼茶碗一服鑑賞、窯元巡りも!! 美術館、博物館級の萩焼茶碗で一服鑑賞してから窯元巡りに参加してみませんか! 萩観光おすすめコース ①松下村塾(松陰神社)→②三輪清雅堂(松陰先生も愛した萩焼茶碗や萩焼人間国...

続きを見る

 

細工物の名手 三輪源太左衛門訓之の「萩焼茶碗」か

細工物の名手 三輪源太左衛門訓之の「萩焼茶碗」か   8代三輪雪山が「七世」と極め書きをしている萩焼茶碗があります。 その茶碗の側面には鋭い轆轤目が表れ、特に口造りに近い部分には深い段差がみられます。 こちらの「瓢箪入りの萩焼呉器茶碗」にも同じ特徴がみられます。...

続きを見る

 

世界に誇れる陶芸家 12代三輪休雪先生「龍玉盃」

世界に誇れる陶芸家 12代三輪休雪先生「龍玉盃」   萩焼の土に上質の金液の釉薬がたっぷりと掛けられた「龍玉盃」 黄金の盃には龍が表現されており、底部には、中国皇帝の象徴であります龍の5つの鈎爪が表されています。 天下を取られた方、天下を目指される方にふさわしい...

続きを見る

 

近代萩焼の名匠 「萩焼人間国宝」 三輪休和先生 ・・・

近代萩焼の名匠 「萩焼人間国宝」 三輪休和先生 萩瓢箪茶入   三輪休和先生は、わたくしの生まれた1970年に人間国宝(重要無形文化財)に認定されました。 萩瓢箪茶入の作風からは温厚なお人柄が感じられます。 茶入は、お抹茶を入れる容器ですが、昔からお抹茶は不老不...

続きを見る