2018年8月 の一覧

 

世界に誇れる萩焼芸術~日本陶芸史上最も崇高な『萩・・・

世界に誇れる萩焼芸術~日本陶芸史上最も崇高な『萩光悦』誕生の歴史 【3】日本陶芸史上最も崇高な萩茶碗『萩光悦』 世界の思想・哲学がガンダーラに集結した時に、仏教と弥勒信仰とが同等に広まり中国、韓国、日本へと伝わることによって、日本が世界に誇れる芸術が誕生しました。その東洋...

続きを見る

 

世界に誇れる萩焼芸術~日本陶芸史上最も崇高な『萩・・・

世界に誇れる萩焼芸術~日本陶芸史上最も崇高な『萩光悦』誕生の歴史 【2】焼物技術の導入 日本では中国陶磁器に憧れを持ち渡中して焼物を学ぶ者が現れ、国内でも釉薬を用いた焼物が焼かれ始めます。これにより日本の焼物が無釉から有釉へと進化を加速していきます。中国が明時代、韓国が李...

続きを見る

 

世界に誇れる萩焼芸術~日本陶芸史上最も崇高な『萩・・・

世界に誇れる萩焼芸術~日本陶芸史上最も崇高な『萩光悦』誕生の歴史 【1】喫茶の風習 中国(唐時代)では喫茶の流行により焼物も盛んに作られていきました。中国における喫茶の風習は健康維持の仙薬・長寿の妙術としての効果、また覚醒作用による精神の安定をねらってのものでした。そんな...

続きを見る

 

世界に誇れる萩焼芸術~日本陶芸史上最も崇高な『萩・・・

世界に誇れる萩焼芸術~日本陶芸史上最も崇高な『萩光悦』誕生の歴史 世界の思想・哲学との融合 世界の思想・哲学がガンダーラに集結した時、茶の湯に関係の深い仏教と弥勒信仰とが同等に広まります。その二教はシルクロードを通り中国の道教や儒教と共に朝鮮半島を経由し日本(上流階級、僧...

続きを見る

 

『伊賀光悦』でおもてなし!!萩焼専門店発祥の地 ・・・

『伊賀光悦』でおもてなし!!萩焼専門店発祥の地  三輪清雅堂で好評開催中 近代の光悦茶碗研究では、光悦楽焼茶碗の他に、「瀬戸光悦」「膳所光悦」「伊賀光悦」「萩光悦」などと呼ばれる光悦茶碗が存在するとされています。 平安時代、「伊賀焼」は神様へ奉納した記録があります。 こち...

続きを見る

 

三輪窯 2人の萩焼人間国宝が作陶した萩茶碗と書で・・・

萩茶碗「不老仙」〔11代三輪休雪先生造〕 掛け軸「不老仙」〔10代三輪休雪(休和)先生筆〕 三輪窯 2人の萩焼人間国宝が作陶した萩茶碗と書でおもてなし 萩焼人間国宝・三輪休雪(三輪壽雪)先生の優作萩茶碗「不老仙」で一服してみませんか。 〔予約制〕 萩焼専門店発祥の地 三輪...

続きを見る

 

国宝級の萩焼茶碗!! 萩光悦研究家 三輪正知の主・・・

世界に誇れる「萩光悦」を観ずして、萩焼芸術を語ることはできない。 萩光悦研究家 三輪正知の主観による悦茶碗特別鑑賞会 萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂にて好評開催中です。〔予約制〕 ※「萩光悦」とは、江戸時代初期の芸術家・本阿弥光悦が作陶したとみられる萩焼の事です。

続きを見る

 

吉田松陰研究家の主観による松陰遺愛の萩焼茶碗 特・・・

萩焼の魅力が存分に楽しめる「極上の萩」 明治維新150周年特別企画 萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂で、吉田松陰研究家の主観による松陰遺愛の萩焼茶碗 特別鑑賞会 好評開催中です。 松陰遺愛の萩焼茶碗で一服してみませんか。〔予約制〕

続きを見る

 

萩焼について 萩焼の歴史 萩焼の素材と焼成技術

        11代坂高麗左衛門 萩井戸形茶碗 萩焼について【1】萩焼の歴史 朝鮮出兵(文禄・慶長の役)で萩焼の開祖・李勺光(高麗焼物細工累代家伝の秘法を身につけていた人物)が豊臣秀吉の命によって招致(文禄2年)。その後、陶工である李敬が毛利輝元の命により日本に連れて帰...

続きを見る

 

当選!! 萩・大茶会 明治維新150年記念『世界・・・

今年は、萩・大茶会 明治維新150年記念『世界遺産 松下村塾で抹茶を嗜む』に当選し参加いたしました。 生まれて初めて、あの松下村塾の講義室におじゃまいたしました。 宮司様から「三輪さんの座っている所が松陰先生がいつも講義をされておられました所です」とお聞きしましてびっくり...

続きを見る