萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂〜萩色の旅 萩焼色の旅
お電話でのお問い合わせ先090-8360-7843
  トップページ 御挨拶 萩光悦 三輪正知について 三輪清雅堂 特別鑑賞会 窯元巡り
トップページ>おちゃわんや 三輪清雅堂 『萩色の旅』

萩焼の老舗 三輪清雅堂が萩のホテル・御食事処・観光をご案内する『萩色の旅』

萩の老舗 三輪清雅堂が萩のホテル・御食事処・観光をご案内する『萩色の旅』

萩で最も古い老舗の萩焼専門店 三輪清雅堂4代目当主 三輪正知が自らの主観でホテル・旅館などの宿泊施設・御食事処・観光のアドバイス 【無料】
いたします。 『萩色の旅』では、上質の旅の時間を大切に考えて観光客の皆様に、萩の町の魅力をご案内いたします。〔 お気軽にお電話でお問い合わせくださいませ。 〕

 お問い合わせや御予約は、お電話でお問い合わせくださいませ。  三輪清雅堂 TEL090-8360-7843

松陰街道

萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」 幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」


幕末の志士・吉田松陰の足跡を訪ねる「松陰街道」を散策してみませんか?
〔 お一人様 参加費2000円〔所要時間約2時間〕
通常1名〜3名様まで対応いたしておりますが、団体様の御案内も対応できますのでお問い合わせください。



 お問い合わせや御予約は、お電話でお問い合わせくださいませ。  三輪清雅堂 TEL090-8360-7843

明治維新150周年特別企画
三輪清雅堂に伝わる高杉晋作直筆の書画を特別公開。〔予約制〕


高杉晋作


『元東京国立博物館美術課長で日本の古筆学研究の第一人者として知られます小松茂美先生が高杉晋作の直筆と鑑定された書画。

激動の中、一服の茶で至福のひととき〜高杉晋作が芸者描き、川柳つづる〜東行(とうぎょう) 當(あ)てにした客はまだ来じ 郭公(ほととぎす) 高杉晋作が「東行」と名乗り始めた時期は、奇兵隊を組織した25歳(1863年)で、書かれた年代は63年〜67年の間。

こちらの直筆書画は、晋作が自分の帰りを待ちわびる愛人

「おうの」を想い、即興で筆を執ったものです。晋作は「おうの」に、自作の茶杓
銘「梅處」を贈っています。そうしたことから、「おうの」と「茶碗」を描いたようです。
激動時代の中、一服の茶で、晋作が「おうの」と至福のひとときを過ごした様子が伺えます。晋作の死後、「おうの」は「梅処尼」と名乗る尼になりますが、晋作自作の茶杓の銘から「梅処」の名から来ております。


 お問い合わせや御予約は、お電話でお問い合わせくださいませ。  三輪清雅堂 TEL090-8360-7843



東洋ルネサンス〜日本が世界に誇れる芸術 光悦茶碗
koetsu-code
視聴する視聴する
kanon