読み込み中

お釈迦様の聖地 インド「霊鷲山」の旅~そして「光悦茶碗」との出会い!!

お釈迦様の聖地 インド「霊鷲山」の旅~そして「光悦茶碗」との出会い!!

 

お釈迦様が「法華経」を説かれた場所として有名です。

わたくしも23年前(25歳)に「霊鷲山」を訪れました。

あの本阿弥光悦も尊んだ「法華経」は、誰でも仏になれる教えが説かれています。

お釈迦様のお残しになった予言によりますと、末法の世には「法華経」が広まるとされています。

こちらは「法華経」の象徴であります「蓮」(ハチス)を表現した「萩光悦」(光悦が作陶した萩焼茶碗)です。

法華経の精神を表現した光悦の茶碗は、「永遠の生命」を覚知するためのものです。

萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂にて光悦茶碗特別鑑賞会好評開催中です。〔予約制〕