読み込み中

萩市在住の松陰研究家の観点で推察する「晋作が描いた竹の絵」について!!

萩市在住の松陰研究家の観点で推察する「晋作が描いた竹の絵」について!!

 

松陰先生は、竹を愛していたと言われております。

晋作も晩年、竹の絵を好んで描いたと言われています。

松陰先生の「志」を受け継いだ晋作。

竹の絵からは晋作が病に冒されながらも竹のように天高く強く生きたい意思が感じられます。

竹の上部分は描かれていない事から、自身の死期を悟り松陰先生を敬慕し竹を描いたのでは・・・

萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂にて好評公開中です。〔予約制〕

今年は明治維新150年を迎えました。

晩年の高杉晋作は、竹の絵を好んで描いていたと言われています。

晋作は松陰先生の「狂」の精神を継ぎ「狂人」と見做されました。

「狂人」とは、自分の信じた道を突き進む人。

尋常でない自らの行動を「狂挙」(きょうきょ)とした晋作の残した言葉です。

「人は人 吾は吾なり 山の奥に棲みてこそ知れ 世の浮沈 」

竹の絵からは晋作が病に冒されながらも竹のように天高く強く生きたい意思が感じられます。

晋作は「人」という漢字を逆さに書いています。

「正気の人に対して狂気の人」

晋作は東行以外にも東行狂生、東狂、西海一狂生、東洋一狂生 長門一狂生と「狂」の号をたくさん名乗っています。

まさに「狂人一生」であります!!!