読み込み中

萩焼について 「萩焼古窯で大道土を使った茶碗」発見!!

萩焼について 「萩焼古窯で大道土を使った茶碗」発見!!

昭和の時期 草創期の萩焼が焼かれた坂一号窯の発掘調査が行われました。

山口県埋蔵文化財調査報告書によると、枇杷色の萩焼茶碗などが出土し、茶碗の中には「大道土」を使った茶碗も発見されました。

萩焼研究の第一人者、河野良輔先生によりますと、「大道土」の使用した時期には諸説あるが、初期の萩焼には歴然と「大道土」の使用が認められるものがあり、開窯初期から使用したと言ってもいいだろうと語っておられます。