読み込み中

萩焼について 萩焼の開祖が使用していた萩焼の主原土「大道土」

萩焼について 萩焼の開祖が使用していた萩焼の主原土「大道土」

萩焼の主原土「大道土」(だいどうつち)は耐火度に強い良質の粘土です。

こちらの写真は山口県内周辺(山口市・防府市・宇部市)から採掘した「大道土」の原土です。

「大道土」に釉薬を掛けて酸化、中性、還元で焼きますとそれぞれ枇杷、赤(オレンジピンク)、青緑の色調になります。

その他に萩焼の主原土には、鉄分の豊富な見島土、耐火度を高める金峯土があります。

一番下の花生は、萩焼の開祖  李敬(初代坂高麗左衛門)の作品です。

萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂に代々伝わっているものです。

萩焼開窯初期から「大道土」が使用されていた事を物語っております。