読み込み中

萩焼について 萩焼の「灰被窯変茶碗」の色調

萩焼について 萩焼の「灰被窯変茶碗」の色調

萩焼の連房式登り窯とその焼成技術は、朝鮮半島から伝わりました。

こちらは窯の中で焼成中に灰が茶碗に被り、直接炎が強くあたり紫ピンク色になっております。

偶然の産物とも言える窯変の不思議「灰被窯変茶碗」

萩焼有名作家の優作「灰被窯変茶碗」は、萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂で御案内いたしております。 

優作茶碗を御覧になられたい方は、御来店頂く前に一度当店にお問い合わせくださいませ。