萩焼について 萩焼の「七化け」と「鬼萩」

萩焼について 萩焼の「七化け」と「鬼萩」

萩焼の焼成時間は、1日~1日半と短いため、陶土がしっかり焼きしめていません。

そのため陶土は生きており、抹茶などの色のある色素が釉薬や陶土に染込み深い味わいが生まれます。

鬼萩とは、土は荒く小砂や大砂などを大量に混ぜ作風が豪壮で力強さが感じられるものを「鬼萩」と呼んでいます。

「鬼萩」の萩焼茶碗を御覧になられたい場合は、萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂へお問い合わせください。

現在人気の萩焼有名作家の優作茶碗が一堂に御覧頂けます。

使用前

使用後