萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂〜萩色の旅 萩焼色の旅
お電話でのお問い合わせ先090-8360-7843
  トップページ 御挨拶 萩光悦 三輪正知について 三輪清雅堂 特別鑑賞会 窯元巡り
トップページ>三輪清雅堂
三輪清雅堂がリニューアルオープン!!


三輪清雅堂

観光客に“おちゃわん”でおもてなし。萩で最も古い老舗の萩焼専門店として知られます三輪清雅堂は昭和初期当時、抹茶茶碗にこだわった萩焼専門店として創業。このたび、国内唯一萩焼の抹茶茶碗のみを扱う鑑賞型萩焼茶碗芸術専門店として“おちゃわんや”三輪清雅堂がリニューアルオープンしました。

おちゃわんや 三輪清雅堂 取扱おちゃわん 萩の陶芸家一覧
三輪休雪 坂高麗左衛門 三輪休和
三輪壽雪 吉賀大眉 坂田泥珠
坂田泥華 三輪和彦 波多野善蔵
吉賀将夫 岡田裕 喜村皓司
野坂康起 椋原佳俊 新庄貞嗣
大野誠二 吉野桃李 坂倉善右衛門
坂倉新兵衛 田原陶兵衛 兼田昌尚


住所
〒758-0027 山口県萩市吉田町3
地図はコチラ
萩までの交通のご案内はこちら⇒http://www.hagishi.com/access/index.html
TEL
090-8360-7843
 0838-22-0895
【御予約・取材等、御用の方・お急ぎの方はお電話でお願いいたします。】
FAX
0838−25−4375 【三輪正知宛でお願いいたします。】
E-MAIL
masatomo@gaea.ocn.ne.jp
営業時間
AM10:00〜PM5:00
定休日

不定休
都合により店舗を閉める場合がございますので、御来店をお考えの前日にお電話でお問い合わせ頂けますと幸せます。

駐車場
普通車 2台 ご来店時に御案内いたします。


萩音信〔萩焼の御案内〕〜『お抹茶茶碗で最高のおもてなし』

神々しいお抹茶茶碗は、日本伝統文化の集大成ともいえます精神的に最も崇高な焼き物です。
お客様のご自宅に訪問しました際に、床の間などに置かれたお抹茶茶碗を拝見いたしますと、お客様のお人柄や精神的な奥深さが偲ばれます。
お抹茶茶碗は、一服されるだけでなく、自宅に観賞用として置かれることによって、大切なお客様の眼を楽しませ最高のおもてなしになることでしょう。
いいお茶碗をお探しのお客様向けに、選りすぐりのお茶碗をご用意いたしましてお待ちいたしております。
                   三輪清雅堂 4代目当主 三輪正知


2014年(平成26年)11月28日 金曜日 はぎ時事新聞

萩茶碗と書

三輪休和が「天道」
茶の湯の精神世界


 
天道

【写真】三輪休和先生筆「天道」

大正時代に創業し、萩で最も古い萩焼専門店として知られる「三輪清雅堂(おちゃわんや)」=吉田町=で、現在、リニューアルオープン1周年記念企画「世界に誇れる萩焼芸術 茶の湯の精神世界 萩茶碗と書で最高のおもてなし」が催されている。

同企画では萩市内の陶芸家で故・三輪壽雪さん(11代三輪休雪、人間国宝)や、野坂康起さん、波多野善蔵さん、岡田裕さん、椋原佳俊さん、三輪和彦さん、兼田昌尚さんのほか、長門市や益田市の陶芸家らの力作を紹介。市内外から厳選した作家の抹茶茶碗のみを展示している。

また故・三輪休和さん(10代三輪休雪、人間国宝)が80才の時に書いたとされる書「天道」も公開。同店の当主で江戸時代の芸術家・本阿弥光悦の焼物を研究する三輪正知さんは「天道と書かれた茶の湯の精神世界は、天地大自然の象徴、神聖な緑色をした抹茶を服することで永遠の生命を覚知するためのもので、まさに天に通じる道。選りすぐりのお茶碗や書をご用意して、来店をお待ちしています」と話している。

同店は大正時代、抹茶茶碗にこだわった萩焼専門店として店開き。昨年5月、現当主の正知さんが4代目に就任し、同9月に鑑賞型の萩焼茶碗専門店としてリニューアルオープンした。朝10時〜夕方5時までの営業。今回の企画展示は期限を定めず無料で実施している(予約要)。

三輪清雅堂

萩焼専門店〔おちゃわんや〕

三輪清雅堂の始まり

三輪清雅堂
三輪清雅堂 三輪清雅堂


初めに三輪家のルーツであります京槌と言う人が山口県防府市の台道(萩焼原土の主流であります大道土が採取される地域)から萩へ移り住んできました。その後、京槌の息子であります金槌が家を継ぎましたが、金槌には子供がいなかったため、私の大祖父であります正治(明治三十七年三月五日生〜平成六年六月十五日没)が養子として三輪家に入りました。私の聞いているところによりますと、大祖父は、戦前(明治〜大正) を中心に石川県の輪島塗(漆器)の商いをしていた時に、萩焼名門窯 の知人から「三輪さん、店に萩焼を置いちゃったらどうかね」と勧められ、萩焼を仕入れるようになりました。これが、おちゃわんや 三輪清雅堂の始まりになります。

住所
〒758-0027 山口県萩市吉田町3
地図はコチラ
萩までの交通のご案内はこちら⇒http://www.hagishi.com/access/index.html
TEL
090-8360-7843

【御予約・取材等、御用の方・お急ぎの方はお電話でお願いいたします。】
FAX
0838−25−4375 【三輪正知宛でお願いいたします。】
E-MAIL
masatomo@gaea.ocn.ne.jp
営業時間
AM10:00〜PM5:00
定休日

不定休
都合により店舗を閉める場合がございますので、御希望日の前日にお電話でお問い合わせ頂けますと幸せます。

駐車場
普通車 2台 ご来店時に御案内いたします

窯元萩焼専門店発祥の地 三輪清雅堂が御案内する萩窯元一覧〔萩陶芸家 萩作家一覧〕
岡田窯 〔岡田裕 岡田泰〕 陶房小田 〔小田光治〕
勝景庵 〔兼田佳炎 兼田知明〕 天寵山窯 〔兼田昌尚〕
坂高麗左衛門窯 〔十三世坂高麗左衛門 坂悠太〕 扇窯 〔佐久間正和〕
和窯 〔水津和之〕 松林庵 〔玉村登陽 玉村信一〕
野坂江月窯 〔野坂康起 野坂和左〕 波多野指月窯 〔波多野善蔵 波多野英生〕
服部天龍窯 〔三戸逸雄〕 緑栄窯 〔松野創平〕
三輪窯 〔三輪壽雪 三輪和彦〕 休雪窯 〔十二代三輪休雪 三輪華子〕
古畑窯 〔椋原佳俊〕 泰誠窯 〔大野誠二〕
坂倉新兵衛窯 〔十五代坂倉新兵衛〕 善右衛門窯 〔十代坂倉善右衛門〕
泥華窯 〔坂田泥珠 十五代坂田泥華 坂田澄治〕 新庄助右衛門窯 〔十四代新庄貞嗣〕
田原陶兵衛工房 〔十三代田原陶兵衛〕 桃李窯 〔吉野桃李〕
泉流山 〔吉賀大眉 吉賀將夫〕 唐泊山窯 〔喜村皓司〕

東洋ルネサンス〜日本が世界に誇れる芸術 光悦茶碗
koetsu-code
視聴する視聴する
kanon